亡くなったペットの死後を霊視ししてもらうとどうなるのか?【体験談】

ペットの気持ち

亡くなったペットの死後を霊視をしよう

《大切な時間を共にしたペット》

どんな種類のペットでも、いつでもそばにいてくれて、あなたの心の支えになってくれる大切な家族。

悲しいとき、淋しいとき、誰にも言えない悩みにも耳を傾けてそこにいてくれたペットは大切な家族です。

《いつかペットとのお別れは必ず来てしまう》

ペットと一緒に過ごした期間が長くても短くても必ずお別れの時が来てしまいます。

その時あなたの心の中で準備が出来ていなかったり、看病中に必ず思うと思います。

《この子は今なにを感じているのだろう?》

痛いのかな?苦しいのかな?ということはもちろん、お別れが近づいて「今までこの子は幸せだったのかな?」「もっとしてあげられることはなかったかな?」

でも残念ながら、ペットの心の中までは言葉で分かり合うことはできません。

《そしてペットとのお別れの時です》

ペットの姿はここにあるのに、遠くへ行ってしまった…

あなたはとてつもない悲しみに包まれてしまいます。

ペットとの楽しかった思い出とともに、「あの時ああしてあげればよかった」「もう苦しくない?」「今はどこにいるの?」「なにを思っているの?」

頭の中がグルグルしてしまいますが、残念ながら、ペットの気持ちは私たちは想像することしかできません。

後悔の気持ちも大きくあるでしょう。

「もっともっとあんな事もこんな事もしてあげたかった」「もっと長生きさせてあげられたんじゃないか」大切なペットを失いペットロスの状態ですとマイナス思考のほうが大きく働いてしまうでしょう。

《ペットの気持ちを霊視をしてもらいましょう》

亡くなってしまったペットの気持ちや今いる状況などを知る手段に、ペット霊視ができる霊感の強い人を頼ってみるというのがあります。

いろいろな考え方があると思いますが、ペット霊視をできる人にお願いして自分を心の中を整理できて気持ちが楽になるかもしれません。

霊視の方法は電話でのやり取りや、ペットの写真を見てもらってしてもらうなどいくつかあります。

ペット霊視には、動物の種類も関係ないということです。

小鳥、猫、犬、ライオンでも、本当の霊視をできる人には同じように見えるという事です。

《待って!詐欺まがいのペットの霊視には注意!》

ペット霊視ができると名乗っている人の中には、あなたが精神的に弱っている状態につけ込んでくるような、悪質なタイプも中にはいます。

特に分かりやすい注意ポイントは、ペット霊視を始めたらすぐに質問攻めにしてくるような人は信用できません。

  • ペットの種類
  • どんな見た目をしていたか
  • どういうなくなり方をしたか

などです。

こういう人はあなたの話したペットについての内容に合わせて、あなたに都合のいい作り話をしてくる可能性があるからです。

さらに、あなたを悲しませるようなことを言う霊能者にも注意が必要です。

  • 苦しみながら亡くなりました
  • 今もとても淋しがっています
  • 成仏できずにこの世をさまよっています

など、こういったことを言い、ペットロスで悲しんでいるあなたをさらに傷つけて騙しています。

それからペットのことを「この犬は…」「この猫は…」などと言うような霊能者も偽物です。

ペットの前に、まず人間の気持ちが分かっていないからです。

話をしていくうちに少しでも不快と感じたら、勇気を持って中断してください。

本当の霊能者は、相談する人の気持ちを寄り添い、傷つけるようなことはしません。

《本物の霊能者にはペットの気持ちはどう視えてるの?》

霊能者によって様々ですが、ペットが光の中に包まれているペットが見えたり、飼い主さんの後ろで穏やかな表情をしている動物達が見えるという霊能者もいます。

時には、「嬉しいよ」「淋しいよ」など生活の中の様々な場面でのペットの感情も分かるといいます。

まずは普通の相談から始めてみましょう。

何気ない会話の中で、話の流れをスムーズにするためのさりげないペットについての質問をされることもあるでしょう。

そういうときは素直に答えてみましょう

最初から疑って相談してしまうとせっかくの本物のペット霊能者と出会えてもすべて嘘のようにしかとらえられないからです。

本物の霊能者なら、話の流れの中で「え?こんな事教えたかな?」と思うようなペットの話をしてくることがあります。

こういう人なら信頼して相談が進められるでしょう。

そういうペット霊能者とお話していると、居心地がよく緊張感がだんだんなくなり、リラックスして信頼関係が生まれ、ペットとの大切な思い出やあなたがモヤモヤしていたペットについての悩みを相談することができるでしょう。

ここまで読んでいただき、実際にペット霊視をしてもらおうかなと思ってくださった方へ伝えておきたいことがあります。

一緒に生活してきたペットが亡くなることは本当に辛いものです。

楽しかった思い出よりも「もっと遊んであげたかった」「美味しいものを食べさせてあげたかった」「一緒に過ごした時間が少なかったんじゃないか」といった後悔の気持ちのほうが強く感じられることでしょう。

でもそれは、それほどペットに対する愛情が強かったということです。

ペットに対して、疑問や後悔などとありなかなか立ち直れないときには、ペット霊視をしてもらういう選択もあるということです。

信頼できる霊能者に相談して、ペットに対しての悩みを解決することであなたの傷ついた心が少しでも癒やされて楽な気持ちになれることでしょう。

ペットを愛し、育て、最後まで一緒に過ごしてくれたあなたならきっと乗り越えられるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました